スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「株価指数」の不思議

CFDでは「株価指数」というものが取引できます。
これは、日経平均先物に似ているのですが、日経平均先物の
場合、取引できる期限があり、取引単位も日経平均の1000倍
から(miniだと100倍から)で、1枚あたりの証拠金も高額なの
に対して、「日経平均株価指数」は1倍から取り引きできるので、
少額から取り引きが可能なのです。

さらに、 ほぼ24時間取り引きできるので、NY市場を見ながら取
り引きすることが可能なので、とても便利です。

自分自身、よく「日経平均株価指数」の売買を行うのですが、ふと
気付いたことがあるんです。

この「日経平均株価指数」、少し動きがオーバーなのです。

例えば、NY市場が300ドル安で終えた場合、日本市場は300円
下がる傾向にあります。
しかし、この「日経平均株価指数」を見てみると、400円安だったり
500円安の時があるんです。

下げ過ぎですよね?

買っちゃいましょう!買っちゃいましょう!!

NY市場が大きく下げて引けた場合、日本市場も大きく下がります。
しかし、そーゆー場合、全銘柄が一気に寄り付く事はなかなかあり
ません。でも、とりあえず寄り付いた銘柄だけで日経平均株価は
表示されます。
最終的に、400円、500円下がるかもしれないですが、 200円安
くらいで一旦寄り付きます。

そーすると、その瞬間「日経平均株価指数」のほうもその価格まで戻します。

そこです!!

そこで利益を確定させるのです!!

まとめ

①NY市場が引けた時に、「日経平均株価指数」が下がり過ぎていたら買い。

②日本市場が寄り付いた時(日経平均株価が表示された時)に売る。

いかがでしょうか?

毎回上手くいくとは限りませんが、「日経平均株価指数」が下がり過ぎだな~。
という時には狙い目なので、試してみてはいかがでしょうか?

不安な方は、CFDデモトレードで試して、コツを掴んでから取り引きしてみるのも
グゥ~
です。

デモトレードはこちらから

CMC Markets Japan…50万円のデモトレード

ひまわり証券…1000万円のデモトレード
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

SKY

Author:SKY
目指せ億万長者!!
株式・FX情報を連日配信!
「今週のイチオシ5銘柄」
      も毎週配信!!

月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
Market Now
オススメサイト
cfd取引できる証券会社を比較
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
株式情報サイト
証券会社リンク
ドットコモディティCFD
FX業者リンク
エース交易 外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
参加blogランキング
bnr.gif banner_22.gif にほんブログ村 株ブログへ マネポケ金融投資ブログランキング
MicroAd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。